みどり豊かな地・魚沼で育つ魚沼きのこ ~ お歳暮・お中元・ご贈答にもぜひどうぞ

Archive for 7月, 2010

正宝院(見玉不動尊)

金曜日, 7月 30th, 2010

津南町見玉にある正宝院(見玉不動尊)に行ってきました。

正宝院

正宝院は秋山郷入り口の見玉にある天台宗のお寺で、由来は、壇ノ浦の合戦で平家が滅びた翌年、平清盛の家臣宮本清左衛門が平家の守護神である不動明王を見玉村に安置し、正宝院が誕生したそうです。

また、ここの不動尊は眼病にご利益があるとされ、遠方から祈願に訪れる方も多いとか。

本堂

石段70段

本堂へ行くには70段の石段を登らなくてはなりません。

滝

石段の脇には滝が。とても涼しいです。

津南町 ひまわり広場が見頃です。

水曜日, 7月 28th, 2010

今、津南町沖の原にあるひまわり広場のひまわりが見頃を迎えています。

p7270050.JPG

ひまわり広場のひまわり畑は3つに分かれていて、今は第1畑が満開です。

満開になる時期をずらして育てているので8月中旬まで楽しむことができますよ。

p7270045.JPG

p7270055.JPG

 入場料は普通乗用車   300円

      マイクロバス 1,500円

      観光バス   3,000円

      バイク      100円  です。

開園は8月15日までですが、8月10日~15日はライトアップもされるようです。

また、ひまわり広場のデジカメ写真コンテストも開催中です。

これまで行ったことがないという方は、この夏ぜひ1度ひまわり広場へ行きましょう。

きのこが余ってしまった! そんな時は…

水曜日, 7月 21st, 2010

せっかく買ったきのこなのに、食べきれずに余ってしまい、結局腐らせてしまった…

そんな経験をしたことありませんか?

そんなとき便利なのが冷凍保存!

余ったきのこを加熱せず、そのまま冷凍するだけでOK。

使うときは凍ったまま調理してください。

解凍してから使うと、水分でぐちゃぐちゃになってしまい、せっかくの

食感が台無しになってしまいます。

小分けにしたり、食べやすいサイズに切ってから冷凍すると、より便利ですよ。

この方法なら、安売りの時、安心して大量にきのこを買えますよね(笑)。

前にNHKの「ためしてガッテン!」でも、冷凍した方が美味しさが増す。

と紹介していました(確かぶなしめじで紹介していたと思います)。

冷凍の際に細胞壁が破壊されて、細胞内の旨味成分が溶け出しやすくなるのだそうです。

どんなきのこでも使える冷凍保存ですが、個人的にえのきたけはあまり適さないような気がします。

やっぱり、シャキシャキ感がなくなってしまうので…

えのきたけは加熱後に冷凍した方が、食感は良いと思いましたね。

きのこの交配のはなし

木曜日, 7月 15th, 2010

先日は「きのこの胞子・菌糸のはなし」をしましたが、今回はその続編。

きのこの交配についてです。

この間も書いたとおり、きのこは菌同士に相性の良し悪しがあり、相性のいい菌に出会うと交配します。

相性が悪かった場合は交配をしません。

p7150006.JPG

上の写真は交配を行っていない菌糸です。

右の菌糸と左の菌糸の間に谷のようなもの出来てしまっていて、菌糸同士の境目をはっきりと確認することができます。

このシャーレを裏から見るとこんな感じです。

p7150012.JPG

やはり右の菌糸と左の菌糸の間に、はっきりと線が入ってしまっています。

p7150033.JPG

これも交配しなかった菌糸です。

この菌糸同士では右の菌糸は伸びてますが、左の菌糸はほとんど伸びてません。これもやはり菌糸同士の境目がはっきり見えてます。

なぜ右の菌糸と左の菌糸で伸びが違うのかは定かではないですが、この2菌の相性が最悪なのは確かですね。

菌同士の相性がいいとこうなります。

p7150040.JPG

左右の菌糸の境目がわからなくなっています。

穴が開いているのは、菌糸を切り取ったためです。

このように交配が成功した菌は、その後も拡大培養し、「おが培地で菌糸がきちんと伸びるのか」や「きちんときのこを作るのか」などを確認していきます。

菌によっては寒天培地では菌糸を伸ばしても、おが培地では菌糸を伸ばさなかったり、菌糸は伸びてもその後きのこを作らなかったり、そんなこともしばしばあるからです。

きのこを作らない菌では役に立たないですからね。

マイコファジスト

月曜日, 7月 12th, 2010

菜食主義者を「ベジタリアン」と呼びますが、きのこなどの菌類を積極的に食べる菌食主義者を「マイコファジスト」と呼びます。

なんでも宮崎大学の名誉教授である河内進策氏が提唱したそうです。

河内氏はすべてのきのこに共通する特徴として

①低カロリーで繊維質

②日光に30分も当てれば、ビタミンD2がとても豊富になり、育ち盛りの子供、妊婦、お年寄りなどの骨の健康に大切。

③ガン予防の効果がある。

の3点をあげています。

「自分はマイコファジストだったんだ!」と知った方はこれからは自分の新たな肩書きとしてマイコファジストを名乗りましょう。

「マイコファジストになりたい!」と思った方はさっそくこれからきのこを買いに行きましょう!

「新潟県のきのこ」

水曜日, 7月 7th, 2010

新潟きのこ同好会著「新潟のきのこ」が出版されました。

発行は新潟日報事業社。

p7070001.JPG

中身は新潟県で出会えるきのこ260種の写真と解説。

さらに付録では過去の新潟県のきのこ中毒の歴史についてまとめてあります。

価格は税込み2,100円。

一般の書店に売っていますので、興味のある方は是非お買い求め下さい。