みどり豊かな地・魚沼で育つ魚沼きのこ ~ お歳暮・お中元・ご贈答にもぜひどうぞ

きのこの交配のはなし

先日は「きのこの胞子・菌糸のはなし」をしましたが、今回はその続編。

きのこの交配についてです。

この間も書いたとおり、きのこは菌同士に相性の良し悪しがあり、相性のいい菌に出会うと交配します。

相性が悪かった場合は交配をしません。

p7150006.JPG

上の写真は交配を行っていない菌糸です。

右の菌糸と左の菌糸の間に谷のようなもの出来てしまっていて、菌糸同士の境目をはっきりと確認することができます。

このシャーレを裏から見るとこんな感じです。

p7150012.JPG

やはり右の菌糸と左の菌糸の間に、はっきりと線が入ってしまっています。

p7150033.JPG

これも交配しなかった菌糸です。

この菌糸同士では右の菌糸は伸びてますが、左の菌糸はほとんど伸びてません。これもやはり菌糸同士の境目がはっきり見えてます。

なぜ右の菌糸と左の菌糸で伸びが違うのかは定かではないですが、この2菌の相性が最悪なのは確かですね。

菌同士の相性がいいとこうなります。

p7150040.JPG

左右の菌糸の境目がわからなくなっています。

穴が開いているのは、菌糸を切り取ったためです。

このように交配が成功した菌は、その後も拡大培養し、「おが培地で菌糸がきちんと伸びるのか」や「きちんときのこを作るのか」などを確認していきます。

菌によっては寒天培地では菌糸を伸ばしても、おが培地では菌糸を伸ばさなかったり、菌糸は伸びてもその後きのこを作らなかったり、そんなこともしばしばあるからです。

きのこを作らない菌では役に立たないですからね。

Comments are closed.