みどり豊かな地・魚沼で育つ魚沼きのこ ~ お歳暮・お中元・ご贈答にもぜひどうぞ

Archive for the ‘観光情報’ Category

スキー・スノーボードの後は温泉へ

月曜日, 1月 24th, 2011

魚沼の冬と言えばスキー・スノーボード!

毎週末スキー場は多くのお客さんで賑わっています。

でも、一日滑って楽しむと下半身を中心に疲労がたまりますよね。

そこで、魚沼でスキー・スノーボードを楽しんだ後は温泉につかってから帰ることをオススメします。

今日はスキーなどのスポーツの後、効果的な入浴法をご紹介します。

筋肉痛の原因は疲労物質「乳酸」ですが、これを体外に排出するには、温冷交互浴が効果的といわれています。

温冷交互浴によって末梢血管が拡張し、血行が良くなるため、乳酸などの疲労物質他老廃物を排出しやすくなるのです。

それでは入浴法の例をご紹介しましょう。

①心臓に遠いところから順に「かけ湯」を行います。

②足先からゆっくり浴槽に入りましょう。体の芯まで温めるため、温泉の効能成分をしっかり吸収させるために半身浴で長湯、また、短い入浴と風呂脇での休憩を繰り返す分割浴も良いでしょう。

③体が温まったら「温冷交互浴」です。足を水とお湯で交互に冷やしたり温めたりします。水を桶に取り20~60秒足をつけます。その後お湯に3分浸かります。浴槽の脇に座り、足だけをつけてもいいですが、寒いようなら普通に入浴しましょう。以上を3~5回繰り返します。

④最後は湯冷めしないように風呂で体を温めてからあがりましょう。

⑤入浴後は水分補給と30分以上の休憩をしましょう。

温泉だけではなく、家で入浴する場合にも効果のある入浴法です。皆さんスポーツ後には効果的な入浴法で疲労回復に努めましょう!

温泉

参考:「雪国魚沼の大地 温泉に育まれる健康づくり」
         (編集:天・地・健康人コンソーシアム)

龍ヶ窪

金曜日, 9月 10th, 2010

龍ヶ窪は津南町にある大量の地下水で形成された沼です。

龍ヶ窪1

その水は名水百選にも選ばれており、湧水量は毎分30トン、日量43,000トンで、1.2ヘクタールの沼の水は1日ですべて入れ替わり決して濁ることはないと言われています。

龍ヶ窪2

水面には、まるで鏡のように草木の緑が写し出されています。きっと紅葉の時期にはさらに綺麗な景色が見られることでしょう。

龍ヶ窪3

龍ヶ窪5

沼から流れ出てくる水。湧き水とは思えない水量。

龍ヶ窪4

龍ヶ窪6

龍ヶ窪7

飲料水として飲むことができるポイント。ここから水を持ち帰る人も多い。

正宝院(見玉不動尊)

金曜日, 7月 30th, 2010

津南町見玉にある正宝院(見玉不動尊)に行ってきました。

正宝院

正宝院は秋山郷入り口の見玉にある天台宗のお寺で、由来は、壇ノ浦の合戦で平家が滅びた翌年、平清盛の家臣宮本清左衛門が平家の守護神である不動明王を見玉村に安置し、正宝院が誕生したそうです。

また、ここの不動尊は眼病にご利益があるとされ、遠方から祈願に訪れる方も多いとか。

本堂

石段70段

本堂へ行くには70段の石段を登らなくてはなりません。

滝

石段の脇には滝が。とても涼しいです。

津南町 ひまわり広場が見頃です。

水曜日, 7月 28th, 2010

今、津南町沖の原にあるひまわり広場のひまわりが見頃を迎えています。

p7270050.JPG

ひまわり広場のひまわり畑は3つに分かれていて、今は第1畑が満開です。

満開になる時期をずらして育てているので8月中旬まで楽しむことができますよ。

p7270045.JPG

p7270055.JPG

 入場料は普通乗用車   300円

      マイクロバス 1,500円

      観光バス   3,000円

      バイク      100円  です。

開園は8月15日までですが、8月10日~15日はライトアップもされるようです。

また、ひまわり広場のデジカメ写真コンテストも開催中です。

これまで行ったことがないという方は、この夏ぜひ1度ひまわり広場へ行きましょう。

松代 棚田(初夏)

金曜日, 6月 4th, 2010

十日町市松代では田植えもほぼ終わり、棚田の景色は夏を感じさせるものとなってきました。

十日町市では日本の原風景ともいえる棚田を大切に保存しており、その風景に魅せられた多くの人が全国各地から訪れます。

今回は十日町市松代の「星峠の棚田」へ行ってきました。

この日も京都ナンバーの車が数台止まっていました。

 p6030014.JPG

p6030017.JPG

十日町市観光協会では松代地区で10箇所の棚田ビューポイントを定めていて、今回写真を載せた星峠の棚田もその1つです。

十日町市まつだい棚田マップも作成されているので天気のいい日にはマップを片手に棚田巡りもいいかもしれませんね。

松之山美人林(初夏)

金曜日, 6月 4th, 2010

十日町市松之山にある美人林へ行ってきました。

美人林は樹齢80年ほどのブナの林です。

この日も天気が良いということで多くの人が森林浴を楽しんでいました。

p6030010.JPG

p6030011.JPG

p6030013.JPG

以前に紹介した冬の白く雪化粧した美人林も大変美しかったですが、初夏の青々とした緑をまとった美人林もまた美しいです。

みなさんもこの夏、美人林で森林浴などいかがでしょうか?

鈴木牧之記念館

土曜日, 5月 29th, 2010

新潟県南魚沼市塩沢にある鈴木牧之(すずきぼくし)記念館へ行ってきました。

「鈴木牧之って誰?」という方もいると思いますので説明しましょう。

鈴木牧之は江戸時代に現在の南魚沼市塩沢に生まれ、商人・随筆家・文人として活躍した人物です。

代表作品は「北越雪譜」

なんでも若い頃江戸に商売に行った際に、江戸の人たちが越後(現在の新潟)の雪の多さをあまりにも知らなかった事から、故郷越後塩沢の雪国の暮らしを綴った北越雪譜を発行したとのこと。

今でこそ上越新幹線や高速道路の開通で、東京と魚沼は近くなりましたが、江戸時代には江戸と越後といったら今でいう日本と外国くらいの距離感だったのかもしれません。

残念ながら日本人がアフリカなどの食糧難をいまいち現実的に考えられない・・・とかそんな感じでしょうか。

牧之は、その現実があまりにもショックだったんですかねぇ。

それでは話をもどして、牧之記念館の話。

牧之記念館の中は、牧之が北越雪譜に載せた雪の結晶の図や、

imgp2490.JPG

雪国の暮らしに必要不可欠な道具の数々。

imgp2485.JPG

(もちろん今では↑のような人は魚沼にもいませんよ・・・一応注意書きです。)

 あとは雪のすごい写真や、

imgp2523.JPG

塩沢紬(しおざわつむぎ)に関する展示。

imgp2513.JPG

imgp2501.JPG

などがありました。

入館料は大人500円。小・中・高は250円です。

皆さん魚沼に来た時には是非見学してみてください。

鈴木牧之記念館のHPはこちら

戦国EXPO

木曜日, 4月 15th, 2010

大河ドラマ「龍馬伝」すごい人気ですね。

なんでも今年のGWは高知県が人気なのだとか。

昨年は大河ドラマ「天・地・人」ブームに沸いた南魚沼市に今年新たな観光スポットが誕生しました。

その名も「戦国EXPO(エキスポ)」

dscf1039.jpg

場所は南魚沼市役所のそば。六日町駅から徒歩1分。

昨年まで愛・天地人博が行われていた所です。

戦国EXPO内は、

戦国エリア(甲冑レプリカ、兜、刀剣などの展示や戦国ゲームコーナー)

歴史エリア(写真撮影コーナー、城模型、武将フィギュアの展示)

特産品販売エリア(南魚沼産コシヒカリ、日本酒、戦国関連グッズ等の販売)

に分かれているみたいです。

「みたいです」というのも、私はまだ戦国EXPO内に入っていませんので・・・・。

近いうちに入ってみたいと思います。感想や、中の様子はそのときにまた。

入場料は、

大人(高校生以上):500円

小人(小中学生):250円です。

ちなみに特産品販売エリアには入場料を払わなくても入れますので、南魚沼へ来た際には是非。

特産品販売エリアはこんな感じです。

dscf1041.jpg

詳しくはこちら(戦国EXPO公式ホームページ)

美人林(松之山)&棚田(松代)

月曜日, 12月 21st, 2009

12月17日(木)に十日町市(旧松之山、松代)へ行ってきました。

まずは美人林(松之山)。新緑、紅葉の季節はもちろんですが、雪の降り始めたこの季節の美人林もとても綺麗です。

dscf0764.jpg

枝の上に薄く雪が積もった姿は、まるで桜が咲いてるようでした。

dscf0760.jpg

つづいて棚田(松代)。

dscf0771.jpg

緑の美しい時期もいいですが白さの美しい冬の棚田も絶景でした。

四季折々の美しさを持つ美人林と棚田。魚沼の自然の美しさを改めて実感しました。

そばが実りました。そろそろ新そばが食べられそうです。

金曜日, 10月 16th, 2009

そばの実

そば畑

大月から望む坂戸山