みどり豊かな地・魚沼で育つ魚沼きのこ ~ お歳暮・お中元・ご贈答にもぜひどうぞ

お勧めアイデアレシピ スープ&常備菜編

 オススメレシピの紹介です(順不同)。画像はクリックすると大きくなります。また、レシピは料理の種類毎にまとめて1つのPDFになっています。このページは本格派スープと常備菜です。

◇本格派スープ◇

「えのきのヴィシソワーズ風」 “まさもえ”さん(兵庫県西宮市)

えのきのヴィシソワーズ風

・じゃがいもの代わりにえのきたけを使ったヴィシソワーズ風スープ。牛乳の代わりに豆乳を使っているところもヘルシーですね。和風な味付けのなめこトッピングがアクセントになって、一味違ったヴィシソワーズになっています。もともと冷たい、夏用のスープですが、温かくして他の季節にも美味しく飲めると思います。

「夏野菜ときのこを食べるジューシースープ」 “ochikeron”さん

夏野菜ときのこを食べるジューシースープ

・栄養満点で旨味もぎゅっと詰まった、具だくさんのスープです。最近日本でもお馴染みになってきたズッキーニ。実は魚沼地域の特産品でもあるので、食材のほとんどを魚沼産で作ることができます!地産地消のお店に紹介したいですね。余ったご飯を利用して、リゾットにしても美味しそうです。

レシピ: オススメレシピ・本格派スープ(PDF)

 旨味と栄養がとけ込むので、スープの具材としてきのこは最適!お味噌汁以外の汁物にも、どんどん活用しましょう。

◇常備菜◇

「さっぱり!たっぷりキノコのやまかけゴハン&たっぷりキノコおろし」 “ななママ☆”さん(横浜市都筑区)

たっぷりキノコのやまかけゴハン   たっぷりキノコおろし

・特別賞を受賞した“ななママ☆”さんの2作品目。おかず部門にするか悩みましたが、1週間程度保存可能とのことなので常備菜として紹介します。5種類ものキノコをつかったキノコ煮は、レシピで紹介しているやまかけやおろしの他色々な料理にアレンジ可能。作り置きしておいて、ちょっとおかずに困ったときに使用するのも良いですね。

「きのこのラー油」 “矢代 文江”さん(新潟県南魚沼市)

きのこのラー油

・夏は香辛料をきかせた料理が美味しいですよね。材料に中越地方の地場野菜「かぐら南蛮」を使っているのがポイントです。かぐら南蛮は見た目はずんぐりしたピーマンみたいなのですが、名前の通り辛い野菜です。ピーマンと間違えて料理して、泣いた記憶があります… このきのこラー油は、薬味にしたり、料理の隠し味にしたりと用途は様々。たくさん作って気軽に使ってみてください。

「ブラウンマッシュルームペースト」 “santababy”さん(東京都墨田区)

ブラウンマッシュルームペースト

・とってもおしゃれなペースト。マッシュルームは日本ではあまり栽培されてないのですが、西洋ではきのこといえばマッシュルーム、というほど一般的。ホワイトやブラウン等、傘の色が違ういくつかの種類がありますが、ブラウンはホワイトよりも香りが良く、濃厚な風味が楽しめるそうですよ。

レシピ:オススメレシピ・常備菜(PDF)

 冷蔵庫に入っていると何かと役に立つ常備菜。優秀賞の「塩きのこ」も常備菜ですが、きのこの常備菜ってあるようでないですよね。安売りきのこを買いすぎたときに、試してみるのも良いかも。
 さて、常備菜を容器から取り出すときには、口を付けたスプーンは使わないようにしましょう。雑菌が繁殖して、傷みやすくなります。清潔なカトラリーを使うことで日持ちが変わってきますよ。