みどり豊かな地・魚沼で育つ魚沼きのこ ~ お歳暮・お中元・ご贈答にもぜひどうぞ

魚沼きのこ親子料理教室開催のお知らせ!

1月 15th, 2019

今年も魚沼きのこ親子料理教室を開催します!!

今回のテーマは「日々のメニューに使えるきのこ料理」です!
概要は以下のとおりです。

 

【講  師】 管理栄養士 千喜良 たまき 氏

【開 催 日】 平成31年3月9日(土)

       10時~12時30分

       受付開始:9時40分

【場  所】 南魚沼市塩沢公民館 調理室
       (〒949-6408 新潟県南魚沼市塩沢608−1)

【定  員】 小学生と保護者(2人1組) 12組(先着順)

【持 ち 物】 エプロン、三角巾、マスク、手ふき用タオル、布きん2枚

【参 加 費】 無料

【締 切 り】 平成31年2月22日(金)

【申 込 み】 電話又はメールで申込。連絡先と参加者氏名をお伝えください。

     TEL 025-772-8266
       (南魚沼地域振興局 林業振興課内 魚沼きのこ・山菜振興協議会事務局)

     Mail info@uonumakinoko.jp

 

また、当日のメニューは後日発表予定ですので、お楽しみにお待ちください。

子供に調理を体験させてみたい
料理のレパートリーを増やしたい
きのこの調理方法を知りたい
など、きのこや親子体験に興味のある方ならどなたでも大歓迎です!!

皆様のご参加を待ちしております!

きのこ料理教室の申込締め切りのお知らせ

3月 16th, 2018

本日、3月16日(金)17時15分を持ちまして料理教室の参加申し込みを締め切らせていただきました。

参加申込をしてくださった皆様ありがとうございます。
明日は、よろしくお願いします。

魚沼きのこ料理教室を開催します

2月 26th, 2018

だんだんと日も長くなってきて、冬の終わりが近づいてきましたね
そんな中、当協議会は「きのこを使った春のごちそう」としまして、料理教室を開催します!!

講  師 管理栄養士・料理研究家 蕪木康子さん

開 催 日 平成30年3月17日(土)
10時~12時30分(予定)
(9時40分受付開始)

場  所 ベジきっちん 十日町市高山642番地1
(JA十日町直売所「四季彩館ベジパーク」内)

定  員 小学生と保護者(2人1組) 先着8組

持 ち 物 エプロン 三角巾 マスク 手拭き用タオル
(当日ご持参ください)

メニュー  きのこを使った春のごちそう
・しめじとまいたけのオープンオムレツ
・えのきたっぷり鶏だんご
・焼きのこと春野菜のディップ
・春雨スープ
・いちご大福

申込方法 下記連絡先にお名前と連絡先をお伝えください。

〒949-6680 南魚沼市六日町960
新潟県南魚沼地域振興局 林業振興課内
魚沼きのこ・山菜振興協議会事務局
TEL 025-772-8266
FAX 025-772-8289
Mail info@uonumakinoko.jp

皆様のご参加お待ちしております!

しいたけ菌床栽培日記 その2

2月 2nd, 2018

前回の投稿から、2週間が経過しました。
しいたけの様子はというと。

12月25日(月)

12月26日(火)

赤い点線の部分にしいたけの芽が集中しています。

残しておくとたくさんの量の小さいしいたけが取れます。
小さいしいたけは切る必要がなくソテーにはもってこいなのですが、
今回はあくまで八色しいたけ並みの大きなしいたけを目指しているので指でとってしまいます。

こんなに小さいのにしいたけの面影が。
ちなみに、密集しているところ以外にも、
菌床の下部、育てているしいたけの近くなど
うまく成長しなさそうな芽は芽掻きの対象です。

12月27日(水)

土日を挟んでかなり大きくなりました12/22(金)の状態と比べると一目瞭然ですね。

今日、12月28日(木)は満を持して収穫です!

やや、乾燥気味で傘が割れてしまいましたがすごく大きいです!


芽かきをして栄養を2つに集中させることで、大きなしいたけを目指したところ、
八色しいたけには流石に及びませんでしたが、結構な大きさになりました。
芽かきをした甲斐がありました。

年末年始は何もせずほったらかしにしましたが、6つほど丁度よく育っていました。
おいしくいただきました。

今年の栽培日記は菌床しいたけです。

12月 22nd, 2017


今年も去年に引き続き、菌床しいたけで栽培日記をつけます!

初日の12月19日は菌床の準備をしました。
菌床を水で洗い湿らせて、付属の受け皿にのせます。
菌床に割り箸を刺して、ビニールをかぶせ、準備完了です。

 

 

受け皿があれば、菌床を置いた場所が汚れることも、
滴り落ちた水で濡れることもないですね。
乾燥防止用のビニールも
しいたけの発生の邪魔になりません。

今回使用しているキットには、この道具が全部ついてきました!
すごく便利です!

これが3日経つとこのようになります。

菌床がやや白くなりました。

肝心のしいたけはというと、
まだまだ小さいですが、確かに生えていました!

これから、この小さな芽がたくさん出てきますが、
今回は大きなしいたけにしたいので、かなり多めに間引く予定です。

続々更新していきますので、お楽しみに!

なめこの観察日記(ビン栽培編)~10日目~

12月 1st, 2016

ビン栽培10日目。

前回はおいしそうになめこが育ってきていましたが、果たしてどうなったでしょうか?

pb240001.jpg

ビンから立派ななめこが生えてきています!!

pb240004.jpg

上から見てもこのとおり!

pb240007.jpg

色は少し薄めですが、しっかりしたなめこです^^少し大きく育ちすぎた気もしますが、ついに収穫です!!

pb240010.jpg

頭の方に袋をかぶせ、一気に根元から切っていきます。

pb240020.jpg

収穫後のビンはこんな感じです。ビンの口からぎっしり生えていた様子がわかります。

pb240024.jpg

二つのビンからこれだけのなめこが収穫できました。今晩はこのなめこを使って夕飯にしようと思います♪

観察日記ということで更新してきましたが、なめこがどのようにできるか少しはイメージできましたでしょうか?

もしよければ、皆さんぜひ覚えておいてくださいね♪

なめこの観察日記(ビン栽培編)~7日目~

12月 1st, 2016

栽培7日目になります。 4日目まで順調に成長していましたが、その後どうなったでしょうか? pb210001.JPG ちゃんと育ってきています!! pb210002.jpg 上から見てもちゃんとなめこになってます!! pb210003.jpg pb210004.jpg まだ小粒ですが、もう少しで収穫できそうですね♪ 収穫が楽しみです^^

なめこの観察日記(ビン栽培編)~4日目~

11月 18th, 2016

ビン栽培のものが4日がたちました。

さて、どのような様子になったでしょうか?

pb180012.jpg

んん?ビン上部になめこらしきものが・・・?

pb180015.jpg

見事に生えてきています!!なめこが出てきているにも関わらず、割り箸の上にひっくり返したままにしたため、少し潰れてしまいました^^;

pb180017.jpg

こんなにぎっしり出てきていました!!これは期待できそうです!!

今回は収穫ができそうですね!おいしいなめこが採れるでしょうか?楽しみです^^

なめこの観察日記(ビン栽培編)~1日目~

11月 15th, 2016

pb150003.jpg

ビン栽培のものです。プラスチックの容器に入っているタイプのものになります。

pb150002.jpg

上から見るとこんな感じです。

pb150005.jpg

ビンを水に浸して、菌床内に水分を取り込ませ、発生前に表面が乾燥するのを防ぐために写真のように割り箸の上にビンをひっくり返して置いておきました。

pb1500.jpg

さらに、この上からビニール袋で覆っておきます。

pb150001.jpg

それでは観察スタートです!!

第6回南魚沼グルメマラソン

6月 18th, 2015

6月14日(日)に南魚沼市で第6回南魚沼グルメマラソンが開催されました。マラソンのコースはハーフマラソンの部、1/8マラソンの部があり、合わせて約5,000人のランナーが初夏の南魚沼を駆け抜けました。走り終わったランナーは、南魚沼産コシヒカリを片手に、グルメ村を回り、南魚沼の食を堪能していました。

当日の様子

 p6140030.jpg

大勢のランナーが一斉にスタートしました。帰ってきたらおいしいご馳走が待っていますよ!

 img_4174.jpg

私たちも販売開始!ご購入いただいた方の中には魚沼きのこリピーターもいらっしゃいました。

p6140093.jpg

また、当協議会のブースでは八色しいたけ事業協同組合さんが、【八色しいたけの炭火焼き】と【八色しいたけ】を販売しました。

p6140075.jpg

お昼頃になると、お腹をすかせたランナーが続々と帰ってきて、会場は大賑わい!

p6140061.jpg

八色しいたけの炭火焼きは大人気でご覧の通り順番待ちの列ができるほどでした。

当日は天候にも恵まれ、南魚沼の田園風景、そして南魚沼の食を堪能できたのではないでしょうか?ランナーの皆様、本当にお疲れ様でした。本大会は関東からの参加者も多く、県外の方に魚沼きのこを知ってもらう良い機会となりました。中には「また魚沼きのこを買いに来たよ!」という声もあり、少しずつではありますが、【魚沼きのこ】が浸透してきているなと感じています。今回購入していただいた皆様、ありがとうございました。また何処かで見かけた際は、ぜひ購入してください!