「魚沼きのこ」とは・・・

魚沼きのこ

全国でも有数のきのこの産地

新潟県は全国でも有数のきのこの産地です。長野県に次ぐ第2位の生産量を誇っています。その中でも魚沼地域(魚沼市、南魚沼市、十日町市、津南町)では現在、新潟県内の約6割のきのこを生産しています。

魚沼で生産されるきのこは全部で7種類。生しいたけ、なめこ、えのきたけ、ひらたけ、ぶなしめじ、まいたけ、エリンギです。魚沼きのこ・山菜振興協議会ではこれら7種類のきのこをこだわりの「魚沼きのこ」として売り出していく、そんな取り組みを行っています。

魚沼きのこのこだわり

魚沼きのこのこだわり。それは「安心して食べられる農産物を求める消費者のため」、「地球環境にやさしいきのこを生産するため」、「生産者の安全を守るため」に GAP(農業生産工程管理)を定め、それに取りくんできのこを生産しているということです。

魚沼きのこ・山菜振興協議会では 国が定めたGAPのガイドライン を参考に「魚沼きのこGAP審査基準」を定め、その基準をクリアして生産されているきのこを「魚沼きのこ」と認証しています。

審査基準はこちら

「魚沼きのこ」として認証された商品には下のロゴマークを貼付しています。

魚沼きのこロゴマーク

これからも安全で安心な魚沼きのこを皆さんの食卓に届けていけるよう邁進いたしますので、応援よろしくお願いします!

このサイトに関してのお問い合わせ先025-772-8266魚沼きのこ・山菜振興協議会
(南魚沼地域振興局 林業振興課内)

メールでのお問い合わせ